読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きる力を引き出すコラム

治療家として生きるOKAのブログ。主に心に元気がない方や自律神経症状、ストレスからくる慢性疾患の方の人生を好転させることを目的としたコラムを書いていきます。

頭を軽く触るだけで、心も体も元気になる治療法。

施術 自律神経

元気を取り戻す頭蓋仙骨療法

 

 

今日は自律神経の働きを整える治療法として、私が行っている頭蓋仙骨療法を簡単に説明します。


​自律神経のうち、興奮系の交感神経が過剰に働いていると、副交感神経がうまく働きません。


​あなたは、最近不安やイライラする回数が増えたりしていませんか?

頭蓋仙骨療法とは

頭蓋仙骨療法とは、20世紀初頭にアメリカで生まれた伝統的な治療テクニックです。

​頭蓋骨と骨盤の中心にある仙骨の動き(頭蓋仙骨リズム)を整え、脳や脊髄を覆う脳脊髄液を流れを改善させる療術です。

脳脊髄液は脊髄や脳を保護したり、脊髄や脳の神経細胞に栄養を与えたりしています。

自律神経が不調をきたしている人は、この脳脊髄液の流れが滞っている場合が多いのです。


​施術により、この流れを整えるのが頭蓋仙骨療法です。

これにより生命力が発動すると言われています。


施術ではどんなことをやるのか?

頭蓋骨と骨盤の後ろの骨を軽くタッチします。


​これにより、第一次呼吸と言われている脳の呼吸を整えます。


ちなみにみんなが普段している肺の呼吸は第二次呼吸と言われています。


徒手的に第一次呼吸を整えるようなタッチして、脳脊髄液の還流を促します。


​これにより、滞っている古い脳脊髄液が循環し、吸収されます。


​十分に第一次呼吸を整えた後、硬くなっている頭蓋骨の動きを引き出してい行きます。


​これにより、内分泌系の働きが良くなり、ホルモンバランスも改善されます。


​最後に、脳脊髄液を増産させる施術を行い、新鮮な脳脊髄液を循環させます。


どんな症状の人に向いているか?

この治療で改善が期待されるのは、脳圧が高く、頭に熱が溜まっていることで起こる症状や疾患です。


東洋医学では頭寒足熱が健康を保つ基本と言われていますよね。


​つまり、下半身が温かくて上半身は涼しい状態の事こと。足が温かくて頭が冷えた状態です。


​つまりこの逆、頭に熱が溜まっている状態は病気の状態か病気になりやすい状態と言われています。


頭痛、不眠、めまい、冷え性、生理不順、眼精疲労、腰痛や肩こり、便秘、イライラや不安症状、


​これらの改善に効果があります。


これらはすべて自律神経が乱れたことで起こる症状です。


自律神経失調症うつ病の症状でもこのような症状が出ますよね。


​副交感神経の働きが弱く、交感神経のが過剰に働くとこれらの症状が出ます。


​頭蓋仙骨療法を行うことで、副交感神経のスイッチが入り、これらの症状の根本原因が改善されます。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

こちらの記事も合わせてお読みください↓

 

 

kokorohidamari.hatenablog.com

 

kokorohidamari.hatenablog.com

 

kokorohidamari.hatenablog.com

 

kokorohidamari.hatenablog.com

 

kokorohidamari.hatenablog.com

 

kokorohidamari.hatenablog.com

 

 

 

 

治療家OKAによる無料健康相談、格安施術相談はメールフォームでどうぞ。

どんなことでも気軽にご相談ください。

 

治療家OKAプロフィール:

作業療法士として臨床経験10年以上

日本メンタルヘルス協会心理カウンセラー

統合医療による整体資格

頭蓋仙骨療法施術師

現在訪問リハビリの仕事をする傍ら、自費診療で地域の方を施術している

 




​※慢性的な体調不良を感じられている方は、是非ご検討ください。