読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きる力を引き出すコラム

治療家として生きるOKAのブログ。主に心に元気がない方や自律神経症状、ストレスからくる慢性疾患の方の人生を好転させることを目的としたコラムを書いていきます。

人生の成功者は、皆自律神経をコントロールする術を持っている。

皆さんは成功したいですか?

 

成功は一般的に富を得ること。名声を得ること。

もっと広義の意味としては富も名声もないが、どんな状況でも精神的に満たされてる人。もしくはその術を知っているいる人。

いわゆる成幸。

 

富や名声があるが精神的に満たされていなければ、とても真の成功者とは言えないでしょう。

皆成功を目指すのは共通した理由があります。

 

それは幸せになりたいから成功を目指すのでしょう。

 

成功者は大抵、今までなかったものを世に送り出し、それが多くの人の生活を豊かにして、その恩恵として富や名声を得る。

 

今まで存在しているものを売りだしても、世の中の多くの人は相手にしてくれません。

 

一定の需要はあるかもしれませんが、先行利益は得られないので人の心に残ることはありません。

 

では、今までになかったものを作り出すにはどうすればいいのか?

 

必死で頭で考えてもなかなか頭には思い浮かびません。

 

今までの常識や自分の能力を超えて、何かを想像する頃は並大抵のことではありません。

 

しかし、多くの成功者はこれをやってのけています。

 

今までの常識や、自分の能力を超えて、いや正しくは自分の潜在能力を引き出して今までなかったものを作り出す。

 

それは一言でいうと”ひらめき”です。

 

多くの成功者はひらめきを大事にしています。

 

多くの成功者はひらめくことがとても上手です。

 

 

ひらめきと言うのは自分の潜在意識を深く探求できるときに得られるものです。

 

潜在意識の中を旅するとき、人は深いリラックス状態にあります。

 

体の感覚も研ぎ澄まされてきます。

 

体が深いリラックス状態にあり、顕在意識と潜在意識がつながったときにひらめきが生まれやすいと言われています。

 

深いリラックス状態にないと、よいアイデアは潜在意識の奥に押し込められた状態でひらめくことはできません。

 

つまり、ひらめきを得て成功者になる人は、いつでも深いリラックス状態に自分をコントロールできる人がうまい人と言えます。

 

自律神経は交感神経が過剰に働いていると、リラックスできません。その状態では意図的に体の力を抜くのも難しいでしょう。

 

副交感神経を働かすことが出来れば体の緊張は取れて、深いリラックス状態に入ることが出来ます。

深いリラックス状態に入ることが出来ればひらめきを得る機会も多くなります。

 

だから、疲れたらいい考えが浮かばないと言って、問題から一時的に逃避する人がいますが、それは正解です。

 

成功している社長さんタイプはこの手の人が多いでしょう。

 

疲れた脳に鞭打って無理やり問題解決法を思考させるより、一度リラックスして考えたほうが、よっぽどよい方向に早く進むからです。

 

これがひらめきの力です。

 

是非、ひらめきを得たい方は自律神経をうまくコントロールする術身みつけましょう。う。

 

【自律神経をコントロールする例】

呼吸法、お白湯を飲む、瞑想する、ヨガをする、入浴する、首や肩のストレッチ、などなど。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

治療家OKAによる無料健康相談、格安施術相談はメールフォームでどうぞ。

どんなことでも気軽にご相談ください。

 

治療家OKAプロフィール:

作業療法士として臨床経験10年以上

日本メンタルヘルス協会心理カウンセラー

統合医療による整体資格

頭蓋仙骨療法施術師

現在訪問リハビリの仕事をする傍ら、自費診療で地域の方を施術している