読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きる力を引き出すコラム

治療家として生きるOKAのブログ。主に心に元気がない方や自律神経症状、ストレスからくる慢性疾患の方の人生を好転させることを目的としたコラムを書いていきます。

スティーブ・ジョブズに学ぶ人生の変え方

なぜ自分の人生は辛いのか?

 

なぜ体調が悪い日が続くのか?

 

なぜ自分の人生は変えられないのか?

 

変えたいと思ったところで変わる勇気が湧いてこない。

 

それは変えた先の人生が今よりもっと悪くなっているからかもしれない。

 

そう思うと後悔するのが怖くて、一歩も動き出せない。

 

そんな人はたくさんいるのではないでしょうか?

 

 

では質問です。

 

 

今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていたことをしますか?

 

 

今世紀最後のカリスマと呼ばれるアップルの創業者スティーブ・ジョブズ

 

彼こそ死と向き合い、死というものを人生最大に生かした人でした。

 

スタンフォード大学で彼がスピーチをした一部です。

 

"私は17歳の時にこんな言葉に出会った。「毎日人生最後の1日だと思って生きていこう。そうすればいつの日か必ず間違いのない道を選んでいることだろう。やがて必ずその日がやってくるから」それはとても印象に残る言葉で、その日を境に33年間、私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけることを日課にした。「もし今日が最後日だとしても、今からやろうとしていることをするだろうか?」と。「違う」と言う答えが何日も続くようなら生き方を見直すことです。"

 

ジョブズは「心に従わない理由はない」と言います。ジョブズは日本を愛しお寿司を愛し、また禅の精神を深く学んでいたため、人生の荒波を乗り超える術や後悔しない生き方を悟っている人でした。

 

この考えは心や体に無理を強いて生きている現代人にとても役に立つものだと思います。

 

人生を変えたいけど、怖くて少し不幸な現状を選ぶ。

 

さらに不幸になったらストレス解消のために酒やタバコ、甘い食べ物や衝動買いに走る。

 

何も人生は変わらないけど、年とともに徐々に体が悲鳴をあげていく。

 

生き方を変えて、健康に的な自分になりたいけど、うまく行くか自信が無い。

 

だからとりあえず現状維持。

 

心や体が病んでいても現状維持。

 

 

そんな時は、

今日が人生最後の1日と考えたみませんか?

 

人生最後の1日に今まで通りの行動をとりますか?

答えがNOという人は本気で生き方を変える機会かもしれませんね。

 

 

 

ではでは、読んでいただきありがとうございました。

 

健康相談、体の歪みや頭蓋骨の歪みから来る不調の相談を随時受け付けます。