読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きる力を引き出すコラム

治療家として生きるOKAのブログ。主に心に元気がない方や自律神経症状、ストレスからくる慢性疾患の方の人生を好転させることを目的としたコラムを書いていきます。

人は食べ物で人生が変わる

食生活

あなたは今不幸ですか?

 

なんだかイライラしていますか?

 

明日が来るのが不安ですか?

 

夏になると暑くて何もやる気が起きないことありませんか?

 

冬になると布団から出たくないことないですか?

 

女性の場合、月経や産前産後にとてつもない不安や憂鬱感がありませんか?

 

 

これらの不調は、あなたの体に何らかの異常があるからです。

 

体に異常があるから、心の症状として現れているのです。

 

 

体に異常があるということは、体を作っているモノに原因があると考えるのが自然です。

やはり、自分に合った食生活おくれていないからです。

 

逆に言うと、自分に合った食生活を送って、体の歪みを整えると体調は自然に良くなります。

 

しかし、同じ食生活を送っていても病気になる人ならない人がいます。

これは、食生活がすべてではないのでは?と考えるのが普通でしょう。

 

確かに一日にコーヒーを5~6杯飲んで平気な人とと1杯で眠りが浅くなる人がいます。

またお酒を浴びるように飲んでも平気な人と、一杯で顔が真っ赤になってしまう人がいます。

 

東洋医学では”先天の精と後天の精”という言葉があります。

 

生まれもった強さと生まれた後に培った強さ、簡単に言うとこんな感じですが、

 

お酒や刺激物に対する強さは、やはり生まれつきの体質で確かに差があります。

 

先天の精は努力ではどうにもなりません。

 

「あの人はなぜお酒やジャンクフード、甘い物をたくさん食べても平気なのに、なぜ自分は食べ物で体調が悪くなるのか?」と嘆くのは実に無意味なことです。

 

そんなことより、後天の精は努力で変えられるものと言うことに焦点を当てて、自分の体に合った健康法に行動を移すことです。

 

後天の精は水や空気や食べ物、運動や生活習慣でいくらでも高められます。

ただ年齢によって、高められる幅は変わってきますが、その人のその年齢に合った最高の状態に保つことが出来ます。

 

 

周囲の誘惑に惑わされずに少しづつでも、自分の体に優しい食生活に切り替えていく、散歩や呼吸を無理のない範囲で続けていく、そんな勇気をもってください。

 

まずは、朝一番にお白湯を飲むこと、そして寝る前にもお白湯を飲むこと、これだけでも体温に変化を起こせますので試してみてください。

 

後天の精を高められる記事を貼っておきます↓

 

 

kokorohidamari.hatenablog.com

kokorohidamari.hatenablog.com

 

kokorohidamari.hatenablog.com

kokorohidamari.hatenablog.com

 

 

 

 

作業療法士国家資格を持った治療家OKAによる健康相談や施術相談待っております。

メールフォームでどうぞ。(本当に気軽になんでも)